2019年07月16日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】現行憲法では拉致問題は時間切れで終わる

※イメージ画像

 
北朝鮮の労働新聞が、ベトナムで行われた米朝首脳会談の際、トランプ大統領が日本人拉致問題について提起するよう事前に安倍首相が要請したことについて、「見苦しい行動」と非難している。
 
8日付論評で、安倍首相や河野太郎外相が米国にロビー活動を行い、会談の成功を邪魔したと糾弾。安倍首相が金正恩党委員長との会談に意欲を示したことについて「少しも得るものがない」とし、過去の行為に対する賠償を求めた。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。