2019年06月20日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】オスカー4冠、クイーンの真価を見せつけた「ボヘミアン・ラプソディ」

映画『ボヘミアン・ラプソディ』公式HP

 
第91回アカデミー賞が2月24日に発表され、作品賞は「グリーンブック」に輝いた。しかし、この日主役となった映画は、英国ロックバンド「Queen(クイーン)」のボーカル、フレディ・マーキュリーの人生を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」だったと言っていい。作品賞こそノミネートに終わったものの、主演男優賞と録音賞・編集賞・音響編集賞の最多4冠を受賞したのである。
 
日本で公開されたのは昨年11月。ほぼ同時期に公開された日米英とも興行成績は伸び続け、現在でも世界各地で上映が続いている。当初、評論家の評価は総じて辛辣だった。「内容や表現が凡庸」「核心を突く場面が描かれていない」「ストーリーに意外性がない」等々。同映画はクランクアップまでに主役や監督の交代が相次ぎ、脚本も二転、三転するというトラブルが続いたこともあり、公開前から半ば駄作扱いされていた。
 
それがまさかの大ヒット。前評判も映画評も全てひっくり返す結果となった。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。