2019年11月16日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】小4女児死亡事件は私たち大人全員に責任がある

※イメージ画像

 
人々が驚いたりハプニング性の高いものほど、ニュース価値は高い。天気が晴れても、電車・航空機が予定通り発着してもニュースにはならない。逆に暴風雨やダイヤの乱れがあれば必ず広報する必要がある。多くのニュースが良い知らせではなく、悪い知らせであるのは、こうした理由から仕方がない。
 
悪いニュースが日々届けられる中でも、あまりの酷さに耳を塞ぎたくなるニュースが時折ある。千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)ちゃん(10)の虐待死は、テレビが新たな情報を届けようとする度に正視できず、チャンネルを変えてしまう。
 

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。