2019年02月19日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】核削減の流れは風前の灯に

※イメージ画像

 
米ロ中距離核戦力(INF)全廃条約の履行について、ロシアが停止を発表した。トランプ米政権が「ロシアが順守しない限り180日後に離脱する」と表明しており、ロシアが対抗措置を取った形だ。
 
CNNの報道によると、プーチン大統領は「米国が履行停止を表明したので我々も停止する」「研究と技術開発を進めていると発表したので我々も同じことをする」と語ったという。
 

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。