2019年09月21日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】細野氏の二階派入りは自民党壊死につながる

二階派入会を伝える細野氏のツイッター

 
無所属の細野豪志衆議院議員が、入党しない無所属のまま自民党二階派(志帥会)に加わることが了承されたという。ところが、同じ選挙区(静岡5区)で派閥候補が毎回、大差で敗れてきた岸田派は「聞いていない」と憤っている。
 
二階派は現在衆参44人で、党内第5位の勢力。安倍首相や小泉純一郎元首相の出身派閥である細田派(清和政策研究会)の99人に比べると半数以下でありながら、派閥のドンである二階俊博氏は幹事長として首相との二人三脚を貫き、党を束ねる扇の要として支えている。
 

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。