2019年10月15日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】北方領土解決は均衡崩れる東アジア安定に不可欠だ

中国・朝鮮半島側から見た東アジア。太平洋にフタをする形で日本の領土領海が覆っている(富山県HPより)

 
国家は領土、国民、主権の三要素からなる。領土問題は、国家存亡に関わるため、最も解決の難しい問題でもある。
 
以前、知人との会話の中で北方領土の話題となり「現実的には2島返還で落ち着くのではないか」と私見を述べると、「大した認識もないくせに表面的な結論を軽々しく語るな」と、口角泡を飛ばして反論されたことがある。
 
普段はさほど感情を表に出さない人物だが、強い思い入れがあったようで、まるで私が領土を占領しているロシア人かのごとく叱られた。当事者ではない友人でさえこのように豹変するのである。北方4島に住んでいた元島民にとっては、望郷の念は想像以上のものかもしれない。
 

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。