2019年02月19日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】繰り上げと繰り下げ、年金受給はどっちがお得?

※イメージ画像

 
年金制度は複雑である。ファイナンシャルプランナーでもない限り、自分が月々払っている年金額や、将来受け取る受給額を正確に答えられる人はそう多くないだろう。
 
現在、国民年金の保険料は月1万6,340円で、4月から1万6,410円になる。一方、支給される方の老齢基礎年金は40年間保険料を支払った満額で月6万4,941円である。ただ、満額支給でない人も多く、平均支給額は、月5万5,464円だ。
 
制度の基本となっている60歳退職、65歳からの受給開始のほか、繰り上げや繰り下げで、60歳から70歳まで受給開始のスタート地点を変更することができる。
 

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。