2019年11月18日(月曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】格差社会の象徴?年収25億円の7歳児ユーチューバー

※イメージ画像

 
米国経済誌フォーブスによると、「世界で最も稼ぐユーチューバー」ランキングで1位に輝いたのは、推定2200万ドル(約25億円)を稼いだ小学1年生のライアン君(7)だったという。
 
普通の小学生の遊ぶ姿が動画撮影され、1730万人のフォロワーがそれを見る。誰もが理解できる可愛いショートムービーは頻繁に更新され、累計再生回数は260億回近くに及ぶという。
 

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。