2018年10月19日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】皆が幸せになる敗将の弁「大迫半端ないって」

大迫半端ないってもぉー。アイツ半端ないって。後ろ向きのボールめっちゃトラップするもん……そんなんできひんやん普通。そんなんできる?言っといてや、できるんやったら。
 
相手を褒めて悔しがる――かつて、こんな形のインパクトがあっただろうか。
 
日本代表のワントップとして活躍する大迫勇也選手(以下敬称略)の代名詞ともなっている話題のコメントは、2009年1月5日に行われた全国高校サッカー選手権大会準々決勝で、FW大迫擁する鹿児島城西に2-6で敗れた滝川第二主将のDF中西隆裕選手(以下同)が控室で発したコメントである。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。