2018年10月19日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】2人のエゴイストに挟まれた安倍首相

※日米共同記者会見の画像(首相官邸HPより)

 
6月8、9日にカナダ・シャルルボワで行われた主要7カ国首脳会議(G7サミット)。開催前から、貿易関税を巡って孤立していた米国のトランプ大統領は、サミットの枠組みにロシアを復帰させるべきだと主張した。
 
貿易関税を一方的に課すと表明してG7+1とも言われる立場から、同じくウクライナのクリミア半島を一方的に併合して孤立しG8から追放されたロシア参加を持ち出すことでディール(取引)に利用するとともに、自身への批判をかわそうという狙いが透けてみえる。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。