2018年09月21日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】左派系メディアの新たな刺客『ご飯論法』

安倍政権に批判的なメディアや政党が『ご飯論法』という新たなレッテル貼りを展開している。
 
紹介すること自体が彼らのやり口に乗る形になるので気が進まないが、かいつまんで説明すると、毎日新聞が27日の記事で「ネット上でいま、そのカラクリを暴く『ご飯論法』なるものが注目されている」とイラスト付きで紹介。28日の参院予算委員会で小池晃・共産党書記局長が安倍首相の答弁を批判して「これが今話題のご飯論法ですよ」と持ち出した。翌日の東京新聞が見出しに大きく『ご飯論法』と載せたのを始め、政府答弁の多くがこの論法であるとして、朝日新聞でも面白おかしく伝え始めた。
 
ご飯論法とは、政権に批判的な法政大学教授がツイッターに書き込んだ下記の内容である。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。