2018年10月18日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】終盤国会、ズレ続ける与野党の関心事

 
(写真: 内閣府ホームページ)

 
6月20日に閉会する国会は残り1か月を切り、与党内から、10日間程度の会期延長論が浮上し始めた。“モリカケ問題”で財務省理財局の記録廃棄問題や、首相答弁の信ぴょう性に疑惑が浮上し、野党は追及を強めている。
 
政府は、重要法案に位置付ける「働き方改革」関連法案と、統合型リゾート(IR)実施法案を成立させたい意向だが、IR法案は衆院内閣委員会が他の法案審議に時間を取られており、審議入りが遅れている。立憲民主党などの野党は、同委員会でモリカケ問題などの質疑を繰り広げている。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。