2018年10月18日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】セクハラ問題、女性記者の行為は許されるのか

財務省の福田事務次官によるセクハラ問題に関し、無断録音した音源を公にした女性記者の行動に賛否が分かれている。録音されたセクハラ発言は下劣そのもので、相手に恐怖を与えかねない内容だが、自己防衛のためとはいえ女性記者のとった行為は果たして許されるのだろうか。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。