2017年11月19日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

穴田貴洋旭川市議、生活保護費ギャンブル浪費問題について、市の対応を質す「『最後のセーフティーネット』とも呼ばれる生活保護制度に『ギャンブル』が許されるはずがない」

8日、旭川市議会本会議で質疑に立った穴田貴洋議員は、生活保護費受給者の生活保護費ギャンブル浪費問題に関し、旭川市の対応を質した。

穴田氏は冒頭、「多くの自治体が、条例など『独自の取組』により、ギャンブル規制を実現する中、生活保護費でギャンブル浪費することの是非が、主に『市民感情』から問題となっている。この問題に対する本市の考え方、適正化に向けた今後の取組について、お尋ねしたい」としたうえで、旭川市の生活保護の状況と、全国平均との比較について示すよう求めた。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。