2018年08月18日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

韓国の反日拠点、ソウル市麻浦区の区長ら葛飾区へ表敬訪問 鈴木信行葛飾区議は歓迎行事全て欠席

ソウル市麻浦区の慰安婦博物館前で「竹島の碑」を掲げる鈴木信行氏

5日、青木克德葛飾区長や、葛飾区議会の日韓友好議員連盟に所属議員らは、葛飾区役所を表敬訪問した、ソウル市麻浦区の朴弘燮(パク•ホンソプ)区長と、麻浦区議会議員らによる友好訪問団を出迎えた。

葛飾区と麻浦区は、平成27年11月に姉妹都市提携を締結している。

朴区長は、5日、葛飾区内のスポーツ施設等を視察した後、同日夕方葛飾区役所を表敬訪問、青木克德葛飾区長や、葛飾区議会の日韓友好議員連盟に所属議員らが出迎えた。その後、葛飾区議会本会議場等で歓迎行事が行われた。

葛飾区広報課によると、出迎えた葛飾区議会議員は、32名(葛飾区議会の議員定数は40名)で、地方議会同士、スポーツなどの分野で草の根交流をしていくことを確認したという。

握手を交わす朴弘燮(パク•ホンソプ)ソウル市麻浦区長(左)と青木克德葛飾区長(右)(写真提供/葛飾区)