2018年08月18日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

鈴木信行葛飾区議、「日本国民党」代表就任、「東京23区中心に地方議員誕生させ、右派勢力結集させる」

「日本国民党」代表に就任した、鈴木信行葛飾区議(Photo/松原 久)

17日、政治団体「維新政党新風東京都本部」は、東京都内で総会を開き、名称を「日本国民党」に変更と、鈴木信行葛飾区議が、空席となっている代表に就任する人事が承認された。

維新政党新風東京都本部は、元々、政治団体「維新政党・新風」の地方組織「維新政党・新風東京都本部」だったが、今年7月、維新政党・新風本部から鈴木氏らへの離党勧告を受けて、離脱・独立していた。

総会では、綱領の変更も承認された。綱領は以下の通り。

日本国民党綱領

一、わが党は、天皇とともに悠久の歴史を営んできた国民の歩みを原点として、現代における維新変革を志すべく立ち上がった政党である。

一、わが党は、愛国者による政治勢力をつくり、議会進出を目指してきた歩みに基づく。わが国が始まって以来、先人たちが積み重ねてきた思いをつなぐ日本の政党である。

一、わが党は、日本国民と共にある国民政党である。国民と苦楽を共にし、国民と同じ言葉で提案し、国民と同じ思いで実践する政党である。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。