2017年11月19日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

葛飾区議選、都民ファーストの語る情報公開に疑問 都民ファースト候補とやまと新聞記者の間で起こったトラブル

葛飾区議選に都民ファーストの会公認で出馬した5名の候補

8日夜、やまと新聞は、JR金町駅北口で、葛飾区議選候補の取材を行った。候補者が5名ほどいたので、撮影の断りを入れた上で、順次街頭演説の動画を撮影した。

都民ファーストの会公認候補A氏が街宣を行っていたので、スタッフに名刺渡し、動画撮影の断りを入れた上で、撮影準備を始めた。撮影開始直後、A氏本人が、やまと新聞記者のところに来て、話しかけてきた。街宣の音が入り乱れて聞き取りにくかったため、動画から取り出した音声を補正したところ、以下のようなやりとりだった。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。