2019年01月16日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【告知】1・19 西部邁氏を偲ぶシンポジュウム

評論家・西部邁氏の自裁から、まもなく1年が経ちます。
 いま、改めて、その自裁の意味は何だったのか。そして、西部氏が遺した思想、視座とは何だったのか。
今一度、お集まりの皆様と共に考えていきたいと思います。
 この機会に西部氏が終生探求されたテーマと共に、その足跡を振り返るシンポジウムを開催いたします。
 
日時 平成31年1月19日(土)14時開会(13時半開場)
 
場所:星稜会館大ホール(千代田区永田町2-16-2)
 
会費:2000円(会場にて申し受けます)
 
交通アクセス:地下鉄永田町駅6番出口より徒歩5分
       国会議事堂前駅6番出口より徒歩5分
 
◎追悼挨拶 榊原英資/宮崎正弘 他
 
◎第1部シンポジウム
「西部邁が遺したものとは何か」
富岡幸一郎×三浦小太郎×西村幸祐
 
◎第2部 追悼コンサート
「美しき日本の調べにのせて」
※西部邁氏が愛した唱歌などを中心に
 
紀伊国屋美智子(ソプラノ・日本オペラ協会/藤原歌劇団正会員)
終了後、星稜会館4階にて、懇親会を開催します(会費5000円)。
 
◎主催「シンポジウム西部邁氏を偲ぶ」実行委員会
 
◎事務局 啓文社書房
電話03(6709)8872
FAX:03(6709)8873