2018年12月16日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【告知】12・9 大東亜戦争と南方の英霊 ~玉砕の島「レイテ」における落下傘部隊の足跡~ (薫空挺部隊と高千穂降下部隊英雄たち)

下記講演会のご案内を申し上げます。ご関心のある方はぜひご参加ください。
 
日時:平成30年12月9日(日)14:30~16:45
 
場所:文京シビックセンター スカイホール(26階)
 
参加料:1000円
 
講演内容
 【来賓挨拶】 茂木 弘道:「史実を世界に発信する会」 会長代行
 
 【基調講演】
    演題:「レイテ戦の真実」
    講師:重松 正一(戦史研究家(レイテ戦専門))
      *父君はレイテ戦第26師団13連隊大隊長 
 
 【講演】
   〇「薫空挺部隊、高千穂降下部隊のレイテ島での奮戦」
    講師:奥本 康大(「空の神兵」顕彰会会長)
      *父君はパレンバン落下傘奇襲攻撃で「殊勲甲」を授与された奥本中尉
   〇「英霊の帰還事業について」
    講師:田中 みずき(全国ソロモン会、JYMA日本青年遺骨収集団)
       *世界各地に眠る英霊のご遺骨収集活動(奉仕活動)に従事
   〇「英霊の検証について」(ガダルカナルの戦い他)
    講師:佐藤 和夫(英霊の名誉を守り顕彰する会)   
 
 【総括】  藤田 裕行(国際ジャーナリスト)二宮報徳連合会長)
〇主催 「空の神兵」顕彰会 名誉会長:加瀬 英明
〇後援 史実を世界に発信する会、二宮報徳連合、新しい歴史教科書を作る会、
    英霊の名誉を守り顕彰する会、特攻隊戦没者慰霊顕彰会
 
平成39年11月30日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道
 
チラシをご覧ください:http://www.sdh-fact.com/CL/1209.pdf