2020年02月28日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

不倫に対して厳しくなる世の風潮

 

イメージ画像

今年に入って、芸能人の不倫問題が毎日のように報じられている。

 

中でも尾を引いているのが俳優・東出昌大(32、以下敬称略)と唐田エリカの報道である。過熱する東出バッシングを疑問視する意見も芸能人の間から聞こえる。「当事者間の問題に第三者がけしからんと言うのは筋違いではないか」といった声だ。犯罪行為ではないし、第三者である我々に被害は何も及んでいないからその通りだとも思うが、こうした意見の大半は男性側から発せられる。これがかえって火に油を注ぎ、「自分も不倫しているから庇うのではないか」と女性陣からあらぬ疑いまでかけられる始末で、不貞行為に対する世間の見方は厳しくなる一方である。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。