2020年01月21日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

出生数、初の90万人割れ 想定を上回る日本人の減少が明らかに

厚生労働省は24日、令和元年の人口動態統計の年間推計を公表した。今年生まれた日本人の子供の数(出生数)は86万4000人(昨年91万8400人)となり、明治32(1899)年の統計開始以来、史上初めて90万人を下回った。

国立社会保障・人口問題研究所の将来推計では、出生数が86万人台となるのは2021年と見込んでおり、現実は想定より2年早く少子化が進行していることが明らかとなった。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。