2020年04月01日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

消費増税が追い打ち 飲食店の倒産件数、過去最多の見込み 

株式会社帝国データバンクは今月13日に「飲食店の倒産動向調査(2019年)」を発表した。調査によると11月時点飲食店事業者の倒産は668件となっており、このペースだと通年では728件前後となり、過去最多となっている2017年の707件を上回る見込みとなっている。

10月の消費税増税により消費者の節約志向は高まっており、飲食業界に深刻なダメージを与えていると考えられる。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。