2019年12月12日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

中曽根元首相が死去、新自由主義を推進

中曽根康弘氏(首相官邸HPより)

 

中曽根康弘元首相が11月29日、死去した。101歳。

 

1947年に衆院旧群馬3区で初当選し、当選20回。82年11月、第71代首相に就任し、戦後第5位の長期政権となった。1997年に大勲位菊花大綬章を受章。自主憲法制定を唱え続け、2003年の議員引退後も憲法改正を主張し続けた。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。