2019年12月12日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

桜を見る会が、嵐を見る結末になりかねない様相

イメージ画像

 

「桜を見る会」の問題がこじれてきた。森友学園や加計学園の問題が発覚した時と同じような雰囲気である。

 

どれも最初は安倍晋三首相や昭恵夫人の個人的な付き合いが便宜供与につながっていたのではないかという疑いから始まった。ところが、野党の追及が長々と続く間に官公庁の忖度による情報操作の疑惑が持ち上がり、更には本筋とは異なる様々な疑惑が浮上し始める……という展開である。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。