2019年12月12日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

ローマ教皇来日 日本政府は呼称を「法王」から「教皇」に変更

11月23日、ローマ・カトリック教会のトップでバチカン市国の元首であるフランシスコ教皇が来日した。教皇の来日は、1981年2月の故ヨハネ・パウロ2世以来38年ぶり2回目。

フランシスコ教皇は日本にキリスト教を伝えたとされるフランシスコ・ザビエルが創設したイエズス会の出身。教皇就任よりはるか以前の若い頃から来日を希望していたとされる。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。