2019年11月12日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

五輪マラソン 開始時間前倒しで東京が再逆転を狙う

24日、東京都が東京五輪マラソン競技の開始時間を午前5時や3時に前倒しする案を検討していると各社メディアが報じた。競歩についても日陰の多いコースへの変更を検討しているとされる。

これは今月16日、国際オリンピック委員会(IOC)がマラソン・競歩の札幌変更案を発表したことに対する対抗策。東京都はあくまでも協議の東京実施に強くこだわる姿勢を示したと言える。小池百合子東京都知事はTV番組に出演し、午前3時の開始については「それはない」と語ったが、開始時間の前倒しについては否定しなかった。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。