2019年10月18日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

参院埼玉補選、自民「不戦敗」 自主投票を決断

自民党埼玉県連は9月24日、参院埼玉選挙区補欠選挙(10月10日告示、同27日投開票)の候補者擁立を断念した。県連の柴山昌彦会長によると県議団から候補者を募ったが、手が挙がらなかったという。

知名度が高い上田清司前埼玉県知事が出馬を表明しており、勝算が見込めないこと、仮に当選すると3年後の参院選で自民・公明現職と対決することになることが県連の消極的姿勢に繋がったと考えられる。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。