2019年10月18日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

東京五輪選手村 ベッドは段ボール製

今月24日、2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は選手村に導入するベッドを発表した。大会スポンサーの寝具メーカー「エアウィーヴ」(東京都中央区)が開発したベッドで段ボール製のフレームが最大の特徴。組織委員会は環境に配慮した持続可能性をアピールするが、アスリートファースト(選手第一) の視点で適切と言えるのかインターネット上では批判の声も多い。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。