2019年10月18日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

ソロモン諸島が台湾と断交 中国と国交樹立へ

今月16日、南太平洋の島嶼国ソロモン諸島は台湾と外交関係を断絶し、中国と国交を結ぶ方針を決定した。2016年に蔡英文氏が総統に就任して以降、台湾が断交されるのはサントメ・プリンシペ、パナマ、ドミニカ、ブルキナファソ、エルサルバドルに続いて6か国目。

中国の習近平政権は、台湾の国際社会における影響力低下を狙い、外交関係の切り崩しを強めており、断交のドミノが続く可能性もある。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。