2019年11月22日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

トランプ政権、台湾に近代化改修型F16を66機売却へ

今月15日、トランプ政権は台湾に対して戦闘機F16Vの売却を承認し、議会に対して非公式に通知した。アメリカによる台湾への戦闘機売却は、ブッシュ(父)政権時の1992年以来、27年ぶり。トランプ政権は今年7月、主力戦車108両の台湾への売却を決めており、その時から既に戦闘機の売却も決定済みとする見方も出ていた。戦闘機の売却だけが承認が遅れたのは、中国との貿易交渉の交渉材料とするためとも考えられる。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。