2019年10月20日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

サンマ漁獲枠合意 資源保全の第一歩踏み出す

サンマの資源管理について話し合う北太平洋漁業委員会(NPEC)は今月18日、2020年から参加国・地域内のサンマの漁獲量に上限を設けることで合意した。サンマは近年、資源量の減少に懸念が高まっており、日本国内も不漁が続いている。

NPECは日本の主導で2015年に設立。16日から開かれた会合に参加したのは日本、中国、米国、韓国、ロシア、台湾、カナダ、バヌアツの8つの国と地域。この参加国・地域で上限55.6万トンの漁獲枠を設定。内訳は公海で33万トン、各国・地域の排他的経済水域(EEZ)で22.6万トンとする。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。