2019年08月17日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

トランプ政権、台湾へ主力戦車などの兵器売却を承認

今月8日、米トランプ政権は台湾にM1A2エイブラムス戦車108両をはじめとする総額22送ドル(2400億円)相当の兵器売却を承認し、議会に通知した。

ほかに売却が決まったのは携帯型地対空ミサイル「スティンガー」250発、機関銃、弾薬など。

 

台湾が現在配備している主力戦車M60A3は1970年代後半に量産された戦車で、約450両が配備されている。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。