2019年08月17日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

商業捕鯨31年ぶり再開 課題乗り越え文化を引き継げるか

今月1日、日本の商業捕鯨が31年ぶりに再開された。同日、3か月間沖合で捕鯨を行う船団が山口県下関市から、沿岸で日帰りの操業を行う船団が北海道釧路市からそれぞれ出発。釧路市には夕刻、ミンククジラ2頭が水揚げされた。
 
商業捕鯨再開は国際捕鯨委員会(IWC)脱退に伴うもの。日本政府は昨年末にIWCに脱退を通告、今年6月30日に正式に脱退した。日本はこれまで南極海と北西太平洋で調査捕鯨を行ってきたが、今後は日本の領海と排他的経済水域(EEZ)に限定して商用目的の捕鯨を実施する。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。