2019年09月15日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【中国の臓器移植問題の情報です】   三浦小太郎(評論家)

関心がおありの方はクリックしてお読みください三浦
 
6月17日に「中国での良心の囚人からの強制臓器収奪に関する民衆法廷」の最終裁定に関して2つのページを作成しましたのでご連絡します。
http://jp.endtransplantabuse.org/ct-media/
関連報道のリンクです。ご覧の通り、英語報道はざっと80本あります。
 
http://jp.endtransplantabuse.org/ct-finaljudge/
前の拙訳の向上版ですが、まだ校正をかけていきます。
ETACのFBにポイントをハイライトして部分的に投稿していく予定です。
「各国政府、国際機関が自らの義務を果たさない場合、通常は力のない市民ではあるが、このインターネットの時代であれば、自分たちが認識している以上に力を発揮することになる。この規模の犯罪は、世界中の人々が力を合わせて、政府に圧力をかけることを可能にする。それによって、各国政府や国際機関が取り組まないという選択肢はなくなる。」
このあたりの世界市民への呼びかけを、日本のメディアでも強調していければと願っています。
 
なお、8月初頭にマタス氏とトフティ氏が来日予定です。
 
鶴田ゆかり / Yukari Werrell (在英)
(日本滞在期間のみ:090 5411 4394)
Manager, Japan Initiatives. ETAC Japan
ETAC:中国での臓器移植濫用停止国際ネットワーク
Web: jp.endtransplantabuse.org
  ⇒ 「民衆法廷 4月6日公聴会」(証言映像、裁定の詳細)
FaceBook: @EndTransplantAbuseJA
Twitter: @ETAC_JP