2019年11月22日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

香港 逃亡犯条例事実上の廃案へ 市民のデモが勝ち取る

犯罪容疑者の中国本土への引き渡しを可能とする逃亡犯条例改正案について、香港政府の林鄭月娥行政長官は15日に緊急の記者会見を行い、立法会(議会)での審議を無期限延期すると発表した。条例改正案は20日に採決が行われる予定だったが、反対する市民によるデモ行動が続き、デモへの弾圧的な強硬な対応には国際社会からの批判も強まっていた。
 

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。