2019年07月16日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

景気判断 「悪化」に引き下げ 政府の経済政策に影響も

内閣府は今月13日、3月の景気動向指数の速報値を発表し、景気の基調判断をこれまでの「下方への局面変化」から「悪化」へと引き下げた。米国との貿易摩擦により中国経済が減速し、中国向け輸出が鈍ったことが指数を引き下げた。「悪化」の判断は平成25年1月以来、6年2か月ぶりとなった。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。