2019年08月20日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

タイ総選挙 タクシン派が王女の首相候補擁立を一夜にして撤回

タイのタクシン元首相を支持する政党の一つであるタイ国家維持党は今月8日、3月24日の総選挙に向け、ワチラロンコン国王の姉・ウボンラット王女(67)を党の首相候補として届け出た。しかし、同日夜、ワチラコンロン国王は「王室の高位にあるものが、どんな方法であっても政治に参加することは王室の伝統に反し不適切である」との声明を発表。国家維持党は翌9日、王女の首相候補擁立を撤回した。
 

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。