2019年11月16日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

米、中距離核条約離脱を表明 世界の核軍縮は新時代へ

米トランプ政権は1日、ロシアとの中距離核戦力(INF)全廃条約からの離脱を表明した。ロシアが実戦配備した地上発射型巡航ミサイル「9M729」が「条約違反」であると断定した上での対抗措置。1987年に締結されたINF条約は冷戦終結を導き、その後の核軍縮の枠組みを形成してきたが、世界の軍事バランスの変化に伴い、その役割を終えようとしている。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。