2019年08月18日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

英国、EUと離脱案再交渉へ 具体策なく広がる危機感

1月29日、英下院は15日にメイ首相がEUと合意した離脱協定案を否決したことを受け、各党による修正動議の採決を行った。
 
採決では、与党保守党のブレイディ議員が提案した北アイルランドの国境管理問題についての規定を見直す動議を可決した。これにより、メイ首相はEU側と再交渉に臨む考えを示した。
メイ首相がEUと合意した原案では、英領北アイルランドとEU加盟国のアイルランドに国境管理が復活することを避けるため、離脱後も安全策として英国がEUの関税同盟に残ることを定めていた。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。