2019年05月25日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

天皇陛下が在位中最後の開会宣言――第198通常国会召集

第198通常国会の開会式でお言葉を述べられる天皇陛下(1月28日)=参議院HPより

 
第198通常国会が1月28日召集された。参院本会議場で行われた開会式では、4月末に退位する天皇陛下が在位中最後の通常国会に臨み、「国会が、当面する内外の諸問題に対処するに当たり、国権の最高機関として、その使命を十分に果たし、国民の信託に応えることを切に希望します」と述べた。
 
在位中最後のお言葉だったが、例年通りの宣言となった。憲法第4条で「国政に関する権能を有しない」と明記されており、宮内庁が配慮しているとみられる。
 
また、安倍首相は衆院本会議で施政方針演を行い、消費増税について「国民のご理解とご協力をお願いする」と述べたほか、勤労統計調査の不正について「再発防止に全力を尽くす」と言及した。