2019年10月15日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

2019年の政治日程(世界編)

 2019年は世界の動きも波乱含みだ。重要な政治日程を確認しておきたい。
 
 まずは、昨年7月のトランプ政権による対中追加関税措置に端を発する米中貿易摩擦だが、先月1日の米中首脳会談によりトランプ大統領はさらなる追加の関税措置は見送り、現在90日の「停戦」期間の最中だ。この期限が2月末日となっており、現在も米中の次官級の貿易協議は続いているが、何らかの落とし所が見いだせなければ、3月1日から再びトランプ政権は対中強硬策に踏み切ることになるだろう。仮に何らかの合意が成されても、米中の確執が根本的に解決するわけではなく、両国だけでなく世界各国の貿易と経済に引き続き大きな影響を与え続ける懸念は残る。
 
 そんな米中の次官級貿易協議が続く今月8日、北朝鮮の金正恩労働党委員長が4度目の訪中を果たした。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。