2019年01月16日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

無教養な有名人が国を危うくする

ローラ氏のツイート

 
昨年末、米軍普天間基地の辺野古移設で、タレントのローラ氏(28)がインスタグラムで、「みんなで沖縄をまもろう!たくさんの人のサインが必要なんだ」として、署名活動を呼び掛けた。ウーマンラッシュアワーの村本大輔氏(38)やりゅうちぇる氏(23)らもSNSで同様に呼び掛けた。
 
署名運動は、ホワイトハウスに請願できる署名サイト「We the People」で、辺野古への新基地移設を呼び掛けるもの。署名開始の12月8日から30日以内に10万人分が集まると、米政府が内容を検討するらしい。
 
この動きに共鳴した文筆家の古谷経衡氏(36)は、コラムで〔日本人は戦後、余りにも米軍の存在になれすぎている。普通の国家には、自国軍より強い外国の軍隊が、首都圏に駐留している時点で「国家が占領されている」事とイコールである。しかし何故か彼らはこの厳然たる事実には全く何の関心も無く、中国と韓国の脅威のみを説く。日本に最大の労苦をもたらしているのは、物的に在日アメリカ軍である。日本には韓国軍や中国軍の軍隊施設はひとつも無い。私たちが声を上げる対象は誰なのか、は言うまでも無くアメリカだ〕と語り、中韓よりも米軍を追い払うべきだという主張をしている。
 
驚くべき無知な内容だが、左派と呼ばれる人々の思考回路も古谷氏と大差ないだろう。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。