2019年09月20日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

商業捕鯨来年7月再開へ IWC脱退を通告

 政府は26日、国際捕鯨委員会(IWC)に対し、脱退を通告した。これにより日本は来年6月30日にIWCを脱退することとなり、翌7月1日から商業捕鯨が可能となる。
 
 IWCは1982年に商業捕鯨の一時停止を採択。日本は88年から商業捕鯨を行っておらず、約30年ぶりの再開となる。一方、南極海と北西太平洋で行っている調査捕鯨は今後行わない。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。