2019年10月20日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【今更聞けない皇室の基礎知識】 「小和田さんのどこが悪いの」その6 村田春樹

前号では上智大学の故渡部昇一先生や電通大の西尾幹二先生は、ご自分の理想とする皇室像と全く違う皇室になってしまっているから、東宮(当時)の岳父小和田恒氏を批判して留飲をさげているのだ、と指摘した。今号と次号ではさらに突っ込んで、小和田氏の実像に迫りたい。さて小和田氏は両教授が怒りまくるほど、リベラルなのだろうか。氏は、両教授の指摘している通り、「日本は中韓両国に永久に謝罪しつづけなければならない国だ」と考えているのだろうか。

たしかに両教授や我々業界人の意に沿う人物ではないかも知れない。なにしろ皆が大嫌いな外務省の次官まで上り詰めた人なのだから。人物を知るのには直接会って話すのが一番だが、私のような平民にその機会はない。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。