2017年07月26日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

南京大虐殺紀念館前館長 朱成山氏講演会の主催者に電話取材「我々はあくまでも中国側と友好関係を結びながら、中国側の意見を聞くという立場」

やまと新聞既報で、南京大虐殺紀念館前館長 朱成山氏が、全国11箇所での講演会を行うため来日していることを伝えた。

9日の段階で、西日本6箇所の講演を終えている。

やまと新聞は、中国地方での講演会を主催した団体に対し、電話取材を行った。
講演会告知に記載された番号に電話したところ、携帯電話に転送され電話が繋がった。

団体職員とのやりとりは下記のとおり。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。