2017年11月19日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

日本人が美しかった時代 一回の敗戦で全てが「形而下的」に論ぜられる。日本人はそんな民族だったのか。

日本人が美しかった時代   一回の敗戦で全てが「形而下的」に論ぜられる。日本人はそんな民族だったのか。

緒論あるでしょうが、少なとくも、あの戦争。例外的な人を除いて、必死で戦いました。
三八式歩兵銃と言う古典的な武器で、追い込まれた日本を救おうとしました。
「このまま、日本が滅びるより、戦えば民族の精神が残る」と判断したのです。

「そんな戦いはしなければよかった」と戦後、語ります。それなら、日清、日露も勝算が少なかった戦いです。でも、勝ちました。その結果、我が国は一等国になり、「まともに」西欧列強と「少し」話が出来る ようになりました。

その事実を考えて下さい。
形而下的(けいじかてきー現実的、物理的)にしか考えないと、形而上的(けいじじょうてき)な思考が出来ません。
当時の、八紘一宇にしても、一億一心でも、進め一億火の玉だにして、確かに現実、形而下的な側面がありますが、実は、形而上的、精神的な側面があります。形に捕らえられませんから、大和魂もそうです。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。