展転社書籍紹介 『宮中祭祀 連綿と続く天皇の祈り』『南京「事件」研究の最前線 平成19年版』

展転社書籍紹介

%e5%ae%ae%e4%b8%ad%e7%a5%ad%e7%a5%80

『宮中祭祀 連綿と続く天皇の祈り』
著者:中澤伸弘
価格:1296円(税込)
天皇陛下は日々何をなされてゐるのか。
常に民安かれ国安かれと祈念せられる天皇の核心は不断に続けられてゐる「まつりごと」にある。
知られざる宮中祭祀の意義内容とその現状を解説。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

%e5%8d%97%e4%ba%ac%e3%80%8c%e4%ba%8b%e4%bb%b6%e3%80%8d%e7%a0%94%e7%a9%b6%e3%81%ae%e6%9c%80%e5%89%8d%e7%b7%9a19%e5%b9%b4%e7%89%88『南京「事件」研究の最前線 平成19年版』
編著者:東中野修道
価格:2160円(税込)
その時、南京城内外はどうだったのか。
新証人たちの語る体験談と戦場からの軍事郵便が物語る「南京の真相」は本書の最新の結論と見事に符号する。
画期的な研究成果を世に問う日本「南京」学会の最新論集。