2017年10月19日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

「地元を救った9人の勇姿〜偉業は時代を超えて語り継がれる」

「地元を救った9人の勇姿〜偉業は時代を超えて語り継がれる」

世界でも日本でも、地元の人達が地域の貧窮を救ってきた例は沢山ある。例えば19世紀のアイルランドではジャガイモ飢饉と呼ばれる大きな飢饉が起こった。貧しい農家の人々にとって貴重な食料だったジャガイモが疫病にかかってしまったのだ。大勢の人々が亡くなったといわれている。その危機を救おうと地元の農夫たちは、婦人たちが編んでいたアイリッシュクロッシェレースという手編みの手芸品に救いを見出した。女性たちはこのレースを必死で編み、輸出した。外貨を稼ぐことによって危機に立ち向かい、皆で力を合わせ地元のために尽くしたのだ。
 
 日本史からは、仙台藩で地元の人達が力を合わせて地元を救った話をご紹介したい。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。