2017年07月25日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

元素の周期表に刻まれた日本の偉業~ラヴォアジエ、メンデレーエフから森田まで 佐波優子

113番元素が「ニホニウム」に決まる

2016年6月、元素の周期表に並ぶ新しい113番目の元素の名前が、日本で合成されたことにちなみ「ニホニウム」に決まった。科学者で構成される国際純正・応用化学連合(IUPAC)が正式に決定したのだ。元素の周期表とは性質の似た元素が並ぶよう、元素を原子番号順に並べた表のことである。H(水素やHe(ヘリウム)やLi(リチウム)などが並んでいる。受験時代に「水兵リーベ僕の船…」などと語呂合わせの言葉を覚えた人も多いのではないだろうか。その「水兵リーベ…」を元素番号順に最後までずっと言い続けていくと、最後の方には「ニホニウム」が出てくることになる。元素記号ではNhと表記され、アルファベットではnihoniumと書かれるという。大きな日本の快挙だ。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。