2020年03月29日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【『南の島のマリア』(上坂冬子著 文藝春秋社)から】  沖縄で非業の死を遂げた韓国人女医の物語 三浦小太郎(評論家)

作家の上坂冬子氏の著書に「南の島のマリア」には、日韓の真のかけ橋となりえた、一人の韓国人女性の記録が残されている。今やこの女性の存在も、この著書も忘れられかかっているが、沖縄の反米軍基地運動に韓国の済州島反米軍基地運動家が参加し「連帯」しているような、正直最悪の政治的連帯とは異なる、真の意味での日韓両国民、そして沖縄と韓国の交流と連帯のドラマを、ぜひこの新聞の読者には知っていただきたく紹介する。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。